吹田市で格安の引越し業者を探す方法

吹田市で格安の引越し業者を探す方法

吹田市 引越し 相場

吹田市 引越し 最安値

吹田市 引越し 価格

吹田市 引越し 料金

吹田市 引越し 安く

 

吹田市の引越しで検索すると、約40件ほど引越し業者がヒットします。
このすべてに見積もりを依頼したいところですが、実際はなかなかできませんね。

 

沢山の引越し業者の中から1番評判のいい業者はどこか、安い業者はどこか、サービスがいい業者はどこかなどいろいろ気になって調べても見つけることは出来ないと思います。
それは100%の人が満足と答える引越し業者は存在しないからです。
それなら引越し業者はどこもたいして変わらないのだろうと思われるかもしれませんが、違いはあります。

 

引越しの費用やダンボールサービス、オプションなどは引越し業者によって随分違います。

 

引越し費用=スタッフへの人件費+ガソリン代や高速代などの交通費+ゴミの処理などのオプション

 

引越し費用は持っている荷物の量と新居までの距離に比例します。
荷物が多いほど引越し業者のスタッフが沢山必要ですし、大きなトラックも用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いほど、トラックを運転するスタッフの人数も必要となり、ガソリン代も多くかかります。

 

引越し料金を安くしたいなら、当日までに荷物を減らしておきましょう。

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、できるだけ荷物の整理をして、いらないものは引越し当日までに処分しておくのがオススメです。
とりあえず箱に詰めて、新居でゆっくり仕分けするという方法は、余分に費用がかかることになるのです。

 

そして必ず見積もりは複数の引越し業者から取ったほうが料金がお得になるのでオススメです。。
先ほど言いましたように、引越し費用は業者によって随分違いますので、どことも比較しないで1社だけに見積もりを依頼して決めてしまうのはとてももったいないです。

 

1社より2社、2社より4社と数が多いほうが、お得になるチャンスが広がるということになります。

 

しかも今は簡単に引越し業者から一括見積もりが出来ます。便利なうえに利用料は無料です。
できるだけお得に引越ししたいなら、複数の業者から見積もりを取って費用やサービスなどをしっかり比較しましょう。

 

吹田市 引越し 格安

 

 

引越しの通常期(オフシーズン)と繁忙期(オンシーズン)

 

引越し件数は3〜4月が最も多く、この時期は繁忙期(オンシーズン)と呼ばれ、引越し料金が最も高い時期となります。
通常期(オフシーズン)に比べると、費用に大きな差があります。

 

吹田市 引越し業者 通常期

 

吹田市 引越し業者 繁忙期

 

引越しが3〜4月に多いのは、4月から大学に入学する学生や就職した新社会人、また人事異動で新年度から新天地へ行く会社員の移動がすべて3〜4月に重なるからです。
この時期は引越し業者はスタッフを増員したり、1日に回る件数を増やすなど対策を講じますが到底人手が足りません。
ですから繁忙期はどうしても通常期に比べて費用が高くなってしまうのです。

 

そんな繁忙期でも少しでも費用を安くしたいなら、早く新居を決めて引越し業者に見積もりを依頼することです。
安くて良い引越し業者ほどどんどん予約が入りますので、引越し日ギリギリになるほど高い業者しか残っていない可能性があります。

 

繁忙期は引越しのことを先延ばしにせず、早めに準備することが重要です。

 

吹田市引越挨拶

 

引越ししたら近所に挨拶しましょう。
その後の印象がかなり変わりますので、面倒と言わずに挨拶はしておきましょう。

 

では引越しの挨拶は近所のどこまで行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんが近くに住んでいるならそちらにも、管理人さんがいる場合はその方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒に挨拶するのが一般的です。

 

一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制になっています。
自治会長さんにもご挨拶してゴミ出しのルールなどを聞いておきましょう。

 

もちろん挨拶だけという方もいますが、簡単粗品があったほうが行きやすいかと思います。
粗品は500〜1000円程度のものがオススメです。
あまり高級なものだと逆に相手が気を使ってしまいます。
どのようなものを用意するかは人それぞれですが、洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子などが多いようです。

 

引越しの挨拶は、引越ししたその日か遅くても翌日には行った方がいいです。日が経つと段々面倒になること、バッタリ外であったりしてタイミングを逃したりすることがあります。忙しいですが、合間をぬってご近所にご挨拶しておきましょう。

 

 

引越しの手続き

 

引越し手続き

 

引越しにはいろいろな手順がありますが、一つずつ片付けていけばそんなに大変ではありません。
まずはどんな手順なのか確認しておきましょう。

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼します。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。ですから新居の詳細がない段階で見積もりをしても意味がないのです。

 

エレベーターありの4階となしの4階では引越し費用が同じ料金ではありませんし、トラックを横付けできる場所があるかどうかでも費用が変わります。そこで見積もりをするタイミングは、新居が決まったら早めに行い、引越し業者をおさえておましょう。

 

・荷物を梱包したり、不用品の処分などを行います。
引越し日までに荷物を分別しながらすこしずつ梱包し、不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てておきましょう。

 

引越しの際には荷物が多いと費用が高くなりますから不用品が多いと無駄な料金が発生します。
いらないものは売る・あげる・捨てるなどの方法で処分して荷物を減らしておきましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出します。(2週間前〜)
市外へ引越しする際は引越し前に市町村役場で手配しておきましょう。引越し後でも出来ますが、遠くなるといろいろ面倒なのです。
まずは転出届を提出しましょう。
国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などのインフラ会社に引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認しましょう。
電気やガス、水道などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
新居での手配を忘れて電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いですのでお気をつけください。
精算については各会社によって違うので、詳しく聞いておきましょう。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続きを行います。(届出から1年間有効)
郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は新居に届くようにできます。
その間に引越しハガキやメールで、引越ししましたという連絡をしましょう。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておきましょう。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。
大きな家具がある場合は、玄関や廊下をちゃんと通るかサイズを測ってシミュレーションしておくと安心です。
洗濯機が入らなかったなどのトラブルは結構ありますので、大きい家具がある場合はかならずしておきましょう。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出します。
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをします。
荷解きは急がなくてもいいですが、頻繁に使うものはダンボールに分かりやすく記載しておくと便利です。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行います。
役所関係以外でも、免許やパスポート、カード類などは住所変更の手続きが必要です。
免許証は身分証にもなりますので、必ず行いましょう。

 

 

引越しの初期費用

 

引越し初期費用

 

引越しの初期にはお金が結構かかります。
とくに物件にかかる契約費用は大きいですね。どんなものがあるのでしょう?

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

敷金は退去の時に傷んだ箇所を修理する費用で、入居時に預ける形になっています。敷金ゼロの物件もありますが、退去の際に修繕費を請求されることがありますのでご注意ください。
敷金は部屋がキレイに使われていて修理の箇所がなければ、使わなかったお金が返金されることが多いです。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われいる費用です。指定されている場合は支払う必要がありますが、最近は礼金ゼロという物件もあります。最近は賃貸物件も空き部屋が増えているので、礼金をゼロにして入居しやすさをアピールしています。

 

さらに物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。

 

しかし1か月フリーレント、つまり1か月分の家賃が無料ですから、ぜひうちの物件にお入りくださいという考えの貸主もいます。
考え方は人それぞれですね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。法律的に決まった金額はなく会社によって違います。家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっていますので、確認しておきましょう。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものです。
しかし最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。そこで連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入しましょう。例えば隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。もらい火が自己責任なんて納得できませんが、昔から火事の多かった日本ならではの発送です。火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行いましょう。前の住人がスペアキーを返還していない場合もあります。スペアはいくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわからないからです。 
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんから、費用は1.5〜2万円くらいかかりますが安心を買いましょう。

 

契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。契約する前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越しのオプション

 

吹田市 引越し オプション

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中で多いのは、@のエアコンの移設です。
エアコンはもともと部屋に付いていないところも多いので、自分で購入して取り付けますから当然新居にも持って行きたいと思いますよね。
しかし電気事業者でないと取り外しができません。
引越し業者に依頼すれば1回で済みますが、直接電気屋に連絡すると旧居で1回、新居でも1回、合計2回連絡して来てもらう必要があります。
同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単なのです。

 

車を運ぶなら運転して行けばいいと思うかもしれません。
しかし運転に自信がない方、時間がない方など長距離引越しの場合は出来ないこともあります。
そういう場合には車の移設がオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

那覇 引越し業者 大田区 外壁塗装 明石 引越業者 江戸川区 外壁塗装